赤ちゃん・幼児触れ合い体験(3年    

 

一人ひとりが大切な存在であることを自覚するために、幼児とふれあい、親や周りの人たちの思いを自分のこととして捉える機会とする 近隣の幼稚園の幼児に来校していただき、体育館で風船遊びなどを生徒と行い触れ合いました。

 

家庭科の授業の一環で行いました