生徒会スローガン

 ○母校は我が家、校舎を大切に
 ○けじめがあり、あいさつができる学校に
 ○ボランティア活動を活発に

具体案

1.中央委員会における学級間・委員会間のさらなる活性化と連携

・専門委員会前後の中央委員会に実施する。

・本部役員/専門委員長/学級委員による活動報告を行う。

(部長会を適宜開催する)

・委員会間/学級間の連携を目指す。

2.生徒個人の意見収集

・中央委員会にて各クラスの学級委員より、クラスから出された要望などを討議する。

OPINION BOXを積極的に利用してもらう。

・生徒会広報誌にて経過/結果を報告する。

3.生徒会広報誌の発行

・生徒会事業や学校のことについて報告する。

・全校生徒へのお願いやお知らせを掲載する。

・親しみのある広報誌を目指します。

4.朝礼時の整列

・朝礼時の整列などの呼びかけを行う。

(本部役員による昇降口での呼びかけ&挨拶運動)

・名札をつける自覚を促す。

・生徒自身で入退場ができることを目標とする。

5.ボランティア活動・福祉活動の実施

・生徒会本部を主催とした活動の計画

(例:雨天時の傘の貸し出し)

・募金活動や書き損じはがきの回収

  (例:JICAへの物品提供、ユニクロ、緑の羽、ひとみ園のはがき回収)

  ・JRC(日本赤十字)加盟校として青少年赤十字と協力してのボランティア活動

6.人権問題への取組

  ・年間を通じた人権問題への取り組みを行う。

  ・人権朝礼を中心に学校で人権について考える期間を設ける。